タイトル画像

思いも掛けない全面敗訴、不公正な裁判、不条理な行政、其れを取り巻く鑑定人達に本弄された年でした。

2015.12.30(11:50) 7

前回に続き

しかしこの写真には・・・藤本撮影226

基礎部に過大な亀裂が発生しているにも拘らず、前に白板を立てかけて亀裂を隠し、被害が発生していないかのように偽装して撮影をしています(ヘア-クラックと表記)藤本鑑定書226ペ-ジ同箇所
原告が撮った被害写真

藤本撮影216
亀裂の前に白板を立てかけて撮影をしています。 (ヘア-クラックと表記)

藤本鑑定書216ペ-ジ同箇所
原告が撮った被害写真

鑑定人K・Fには専門家として疑いたくなる事象が数多くあります。
鑑定書の内容を公表して、裁判所選任鑑定人が行政よりの調査で鑑定書を作成しているのか、
或は、裁判官、書記官の使い勝手の良い鑑定人であるのか事象を以て検証していきます。


大阪地方裁判所第10民事部(建築、調停部)のホ-ムペジには、「鑑定書が提出された後でも、当事者は、鑑定書に対する疑問点や確認したい点が有れば、書面で尋ねることができますと紹介しています

K・Fには説明責任があり、鑑定書所見と原告の指摘事項との相違点を封書と電話で説明を求めましたが取り合うこともなく、無視を続けております。また原告から抗議の電話があったと虚偽の連絡を谷口書記官に注進し、K・I弁護士は谷口氏から、抗議の電話と呼び出しを受けました。その後に原告に送ってきたのが「辞任通知書」です。誤解を解き引き続き代理人を引き受けてもらいましたが、正当な説明責任を求めたにもかかわらず、谷口書記官がK・Fを何故擁護しなければならないのか疑問と疑惑が残ります。
辞任通知書
代理弁護士からの辞任通知書

谷口書記官には鑑定書作成費が対価に見合う妥当請求金額である旨の説明を求めて度々内容証明書で問い合わせていますが、いまだに回答がきておりません。

私は、直接説明を求めに神戸地方裁判所、姫路支部を訪れて谷口氏に面会を求めたところ、
異動しているとのこと
、対応者民事部庶務課課長に谷口氏の所在を尋ねたところ
「解らない」との返事、問答の末、「本庁に問い合わせる」とのことで待っていると、
教えられない」との一方的な回答で終わりました
そして・・・

次回につづきます

今回の教訓
都合が悪くなると知らぬ存ぜぬでは ・・・
  教誨をのたまうなかれ


来年も慟哭の叫びを引き続きブログに換えて発信していきます。
裁判所、行政の闇の部分を、白日の元に・
・・


「無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり。」

本年はこれで終わりますが、
来年も宜しくお願いします。

皆様方のご多幸を心より祈っております。
良いお年をお迎えください。

                  村雨
スポンサーサイト


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<私は慟哭の叫びを内容証明,レタ-パックに・・・ 一縷の望みをかけて送りました。          拝啓 最高裁判所事務総長様  | ホームへ | 裁判所選任鑑定人K・Fの鑑定書の検証。高額見積書は何故認められたのか・・・その2>>
コメント
今年は、ブログ開設という記念すべき年になりましたね。
来年も、お互い、ブログ、頑張って参りましょう。
では、よいお年を!!
【2015/12/31 20:55】 | ろーずまりー #GCA3nAmE | [edit]
旧年中はブログの件に際しては色々とお世話に成り、
 有難うございました.
ロ-ズさんに肩を押されてブログを立ち上げることができました事、
重ねがさねお礼を申し上げます。

今までの経緯を証拠書面と共に広く周知させていくつもりでいます。
裁判過程と加えて以前から行政の不条理な事象を事細やかに記載するつもりでいます。
【2016/01/03 19:23】 | 村雨 #TrhCNyAA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する