FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

1車線1歩道一方通行から変移を重ねながら、1車線1歩道対面通行になり、劣悪な環境から回避.

2018.04.30(23:00) 65

庭を観察すると木々の枝に新芽が出て、息吹を感じる季節になりましたが、
残された人生で季節の移り変わりを後何年見ることができるのか。


公共事業と言う錦の御旗を掲げた姫路市職員から貶められ、
その対抗処置に費やして人生を切り崩した20数年間
時間、費用、労力は取り戻すことはできません

無念さを心情として人生の1/3を生きてきた原告が、
同じ被害者を発生させない為の情報発信を続けて数年が経ち、
一向に変わることの無い公務員体質も
上層部に抗議と依頼を繰り返す行動が
当初の計画に舵を切る状況に変わりました。

前回のブログより
1車線1歩道対面通行の妥協点に向かい。
工事は進んでいくのか・・・

4月30日までの経緯を発信します。

原告宅に説明会の回覧版が回ってきたのが3月20日。
説明会の回覧

説明会の回覧
4月13日に説明会の開催と記載されています。

4月13日
原告が集会所にいくと入口には履物が並び
傍聴者は既に集まっていました。

傍聴者の履物
傍聴者の履物は20足にもなりません。
原告が席に着くと間もなく説明会が始まりました。

説明会
道路建設課の説明会。
道路建設課の門口課長
水尾川堤防線整備案の説明会で寄らしていただきました。
との口上から始まり、
警察と再協議をすることによりまして、今出来ている南側と言いますか、
右岸側と同じ格好で左岸側も整備したいと考えてございます。
道路整備課としましては、この格好で事業を進めたく、
今日説明会を開催させていただきました。
」と
趣旨の説明がありました。

出席者は
門口課長、萩原課長補佐、担当者山野、多田氏

姫路市道路建設課からの4名。

冒頭は山野担当から説明
警察と当初の協議の時は右岸と左岸は、
今回整備するのは左岸なんですが、
整備する時は6.5メ-タの車道になったのですが、
29年度の3月(平成30年3月)の時に交通量調査を実施しまして、
その結果を元に警察と再協議を行った結果
前回の交通調査より減少傾向にあるとみられたので、
その結果を元に警察と再協議を行った結果、
交通量との結果、右岸道路、南側の出来ている方の道路と同じ幅員構成でと言う事で、
協議致しまして今のこの、もともと6.5の幅員であったのを5.0メ-タになっています。

飾磨警察と協議をしている結果の中で
将来的には大型車が入りにくい構成にしようと言う事で
飾磨警察の方で将来的には大型車の規制をかけると言う方向で協議しています。
」と説明をしています。

その後は質疑応答に入りましたが、説明会は約30分で終了しました。

後日、説明会に来なかった町民に理由を問うと、
1車線1歩道一方通行と以前に説明を聞いているので、
今回は委任状が回ってこなかったので行かなかった。
」と言う返事でした。

住民に当初説明した形状
1車線1歩道
1車線1歩道
当初の計画
1車線1歩道一方通行で車道が5.0メ-トル。
1車線道幅寸法B
大型車は一方通行では通れます。しかし
対面通行では大型車は危険で通れません。
大型トラックの条件幅は最大2500㎜以内です。

2車線1歩道に変更
2車線1歩道に変更
2車線の対面通行にするために車道を6.5メ-トル幅にする。
住民に説明することも無く、
車椅子も通らない歩道に変更になりました。
道路建設課は2車線変更後当初の計画と説明しています。

車いすも通れない。
2車線に変更後
車椅子も通れない左岸側の歩道。

T工務店所有マンション、エントランス前
対岸 
当初から右岸側の広々とした歩道。

関連記事
姫路市道路建設課は公安委員会の協議では、
一方通行の計画を対面通行と虚偽説明で原告周辺を劣悪な環境に・・

murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

交通量のモニタリング-2
平成30年3月12日の交通量のモニタリング

調査の結果当初より、
交通量の減少により飾磨警察と協議で対岸と同じ幅員構成で
工事を進める
」との道路建設課から説明を受けました。

4月13日の手渡された図面
4月13日の説明会に手渡された図面
変更された2車線1歩道の形状が当初の1車線1歩道に戻りました。
一方通行から対面通行に変更になりましたが、
歩道幅が車椅子の通る幅に戻り、劣悪な環境からは回避されましたが、
これからの工事進捗を続けて公に発信していきます

3月15日委員会
掲示板
原告は姫路市役所に行くと入口正面左に
市議会-本日の会議」の掲示板をみて委員会の開催を確認していますが、
審議会等の開催は、
入口受付カウンタ-の側に掲示しているだけで見ることはありませんでした。

4月16日
審議会のお知らせ
市役所の入口受付に行くと小さな掲示板に
「審議会等のお知らせ」「姫路市職員倫理審査会」と書かれた
一枚の掲示物に目が止まりました。

18日に傍聴に行き討議資料を受け取りました。

審査会-1
姫路市職員倫理審査会

審査会-2
姫路市職員倫理審査会委員名簿

審査会-3
姫路市職員倫理条例運用状況(平成29年度)

審議会-4
不当要求行為に関する状況

拡大10-18は
不当要求行為 同一人物一部拡大

拡大-1
行為の概要 No-10一部拡大

ボイスレコ-ダを忍ばせて
傍聴を妨害する職員(虚偽の起案書を作成して)

関連記事
藤本 克之氏、裁判所選任鑑定人の 
虚偽、偽装鑑定書の検証。高額鑑定料から見えるもの・・・その1

http://murasame83.blog.fc2.com/page-5.html

解釈と裁量で公権力を行使される怖さを痛感する日々、
或は老人の曲解なのか

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

姫路市を被告(他に●●建設)として、
神戸地方裁判所姫路支部に損害賠償訴訟を申し立てる

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

審議会-5
不当要求行為に関する状況

公園部拡大-2
No-18 不当要求行為同一人物 一部拡大

森部長
森部長
ボイスレコ-ダを構えて
組織で動いている、河川課に行って聞いてくれ」と
無責任な対応です。

森部長に近付くと(拡大)
森部長に近付くと(拡大)
説明責任を果たす事もなく
勤務時間中にもかかわらず、
新聞のテレビ欄をみている森部長

関連記事
行政と司法に関わり合った20数年間、
原告が貶められた所業の数々をブログと言う墓誌に刻んできました

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

同席している倫理課折口課長に
資料の中の18番、「行為の概要」の
人物を問い合わせると原告だと告げられました。

倫理課職員
折口課長
市長にカメラを向けると妨害された時の写真です。

No-10,No-18の事案は以前から原告が写真、
或はボイスレコ-ダから文字に換えて理不尽な職員の所業を度々訴えていますが、
職員が一方的に都合のいい文章を組み立て報告書として提出している作文を
倫理課は問題点を掘り下げて調査することなく、
職員倫理審査会委員にまる投げをしているに過ぎません。

職員の不祥事が多発している中で、
石見市長姫路市職員の倫理の構築、改革と声を高らかに上げて
発足させた倫理課市長のパホ-マンスに過ぎないと
憂虞するのは原告だけでしょうか。

審理委員の費用
全て税金から支払われた
倫理審査会委員の報酬

前回のブログで○○を探し訪ねて・・・

原告は自称、画像鑑定人、交通事故鑑定人、
事件鑑定人と呼び名が複数ある石橋宏典氏を訪ねる
ことにしました。

石橋氏の住所は
Cp FiELDSの団体情報/団体詳細に載っていました。

一般社団法人 法科学解析研究所 
代表理事 石橋 宏典
住所
福岡県福岡市西区今宿青木29-3 4F


上記の情報を元に
原告が九州旅行中に
法科学解析研究所を訪ねることにしました。

ナビゲ-ションに住所を入れて車を走らせ目的地に着いたのは、
のどかな田園風景が広がる地域で、その一角にネオパレス今宿が建っていました。

ネオパレス今宿
ネオパレス今宿

入口方向から見て
レオパレス表より

歩いて近付き入口を見ると「ネオパレス3」と表示があります。
ネオパレス入口

中を覗くと掲示板が有り○○不動産管理部、
御用のある方は連絡して下さい」と電話番号が記載しているので、
原告は早速要件(訪問)を話して質問すると、
石橋氏の居住確認はできましたが、
個人情報に関するので部屋番号は教えてもらえませんでした。

以前に見た石橋氏のブログでは
事務所入口には法人名称と法人章の表札が掲げられ、
事務所の一室と思しき所で機動隊に似た制服を紹介していた記憶がありますが
異なる住所で事務所を開いているのか定かではありませんが、
入口のポストには法人名、或は氏名がありませんでした。

ポスト

駐車場には車も無く不在だと思われたので石橋氏には面会を申し入れていません。
pa-kinグ

関連記事
石橋宏典氏、姫路市が依頼した画像鑑定人が作成した
鑑定書を精査すれば信頼性に値しない物でした。その2 

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

事件鑑定人のブログ@鑑定人イシバシ
https://ameblo.jp/ishibashi-kantei/

倫理課座席表
倫理課座席表
県警の出向暴対の担当者がS氏からT氏に換わっています。

S氏
出向元に戻られた暴対S氏

門口課長
門口課長
住民説明会に来られた道路建設課の門口課長は
3月末まで下水道局河川整備課の課長でした。

関連記事
行政と司法に関わり合った20数年間、
原告が貶められた所業の数々をブログと言う墓誌に刻んできました

murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

移動、退職、昇格
道路建設課辰巳課長が部長に、中川部長が局長に昇進されています。
下水道局 井上 博晶局長は退職されました。

辰巳課長
辰巳課長
辰巳課長が部長に昇進されました。

道路建設課課長
中川部長が建設局局長に昇進されました。

井上局長
下水道局 井上 博晶局長は退職されました。

今回の重要課題と事実、そしてカラクリ

原告が関わってきた職員は
異動したら関係無い、新任者は前の事は解らない
責任放棄に終始していましたが、
決して泣き寝入りはしない、
事実を事実として訴え続け、真実を追求する姿勢
一条の光を見いだせると信じての行動は老人の夢の浮き橋なのか。

最悪な環境に戻るカラクリが無いように祈ります。

原告と関った人物のいく末の展開と結末の
情報収集と情報提供を求めてその都度発信していきます。


行政訴訟被害者の原告は
特定人物の誹謗中傷をしているわけではありません。

ひとりでも多くの方々に実態を知っていただくために、
関わりあった人物との事象を写真、ボイスレコ-ダから
文字に起こして事実を事実として、或いは事実の積み重ねで
真実の実態を公表しているにすぎないのです。

記載している文章、写真の全ては検証、立証可能な証拠として、
事実の公共性と目的の公共性から発信をつづけています。


某テレビの番組で日本は難民受け入れ世界第4位だと報道していました。
難民の定義は其々の団体で異なるようですが、
それほど我が国に入国する外国人の居住する数が増えていると言う事なのでしょう。

諸外国では難民問題が取りだされている状況であるにも拘らず
何ら危機感も無く、現状に沿った法整備を整える議論もありません。
観光立国を目指しているのであれば
其れに伴う明暗の部分を諸外国から学ばなければなりません。

報道では中国人による白タク問題が取りだされて久しいですが、
時遅しの感が否めません。

不法滞在による治安の悪化、地域住民とゴミ問題での軋轢、
数え上げたら限がない問題が堆積しています。

北欧の国デンマ-クに例を取れば
消費税25%国民負担率70%で社会福祉制度が充実していますが
自国民が築いた社会福祉制度も難民が増えればサービスの低下、
或は崩壊しかねないでしょう。

人口減少を外国人労働者で補う安易な方法を取る前に
諸外国の実態を調査して労働力を議論するべきで、
難民の其々の事情は有るにしても
自国民の生活が脅かされては国そのものが成り立ちません。
わが国においても生活保護費に群がる
外国人の受給者に注視する必要性を感じ得ません。
スポンサーサイト


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 行政と司法に関わり合った20数年間、原告が貶められた所業の数々をブログと言う墓誌に刻んできました。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。