タイトル画像

事実を積み重ねて真実が明らかになり、真実の鉄拳は如何なる虚構も打ち砕く・・・と信じて

2016.12.30(23:11) 41

司法、行政に関わる公務員の不公正、理不尽な所業と
其れを取り巻く御用鑑定人達の実態を告発
することが
行政訴訟被害者、原告の責務との思いからブログを立ち上げて
2度目の正月を迎えることに成りました。

司法、行政訴訟被害者にならないための、
情報発信を続ける意義を再任識する一年間でもありました。

原告は手持ち資料の写真、録音記録、証拠書類を公に情報発信することで
閲覧者一人一人の義心に届きうねりが虚構を打ち砕く荒波となることを願い
これから先も残された老人生を
慟哭の叫びと共に幣ブログを続けて行く所存でいます。

この一年を振り返り
原告が姫路市職員の不正、虚偽、偽装の実態を検証して告発してきましたが、
姫路市役所の組織体質が顕著に表れた事件も発生しました。

贈収賄事件で建設局長、道路整備改善課長が逮捕され、
水道局施設課係長が職務中にあるにも拘らずに
酒気帯び運転で現行犯された不祥事が立て続けに起こりました。
不祥事が発生しても自浄能力のない組織と
石見市長の任命権者としての責務が希薄であるとの露見もしました。

中央保険所竣工式にて
石見市長

原告の本会議傍聴拒否について
不祥事発生以前より原告が
市長、職員の倫理はどうなっているのか、適当に対処しなさいでは、
無責任すぎるではないか
」と抗議をしてきましたが、
このような発言を繰り返す原告を排除する為に
誓約書にサインをしなければ議会場に入場させないと傍聴拒否を行使してきた
議会事務局、総務課田靡(たなびき)課長からは度々誓約書を書かされました。

以前に、田靡氏は事実と異なる事象の作文を書き
本会議の傍聴についての議長決裁」を取りつけ
原告を数日間の傍聴拒否にした経緯があります。

議会運営は自身の評価を左右するものなのか、
汚点を付ける傍聴人を正当性と建前を虚構して排除していると考察できます。

関連記事
藤本克之裁判所選任鑑定人の偽装鑑定書、
そして、姫路市が依頼した画像鑑定人石橋宏典氏の結論。39
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

7日の本議会を傍聴する為に会場の入り口に来ると
田靡課長と行政管理課職員S氏が待ち構えていました。
誓約書を書かないと傍聴できません」と入場を拒否され、
前回と同じことがまた繰り返されました。

田靡課長
田靡課長「誓約書を書かないと傍聴できません

傍聴をするために書きました。
誓約書
誓約書には
市長、真摯に・と私が言いました」と記載しました。

他に声を発した数多くの人、拍手をした人々の全てに
誓約書を求めていますかと田靡課長に質問をすると
適正に対処します」との回答をしています。

姫路市議会傍聴規則第6条2
議長は必要に応じて・・・誓約書を提出させることができる。」と
記載され議長の権限で提出させると謳っています。
田靡課長の自己判断ともとれる行動と発言、
適正」「裁量」の抽象的な言葉を主張して
公権力に結び付け市民の権利を規制、或は抑制しています。

関係記事
姫路市職員は正当性と建前を虚構して、
抗議する市民を排除します。犯罪人に陥れることも・・・
その3
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
その2
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

公文書開示請求書と開示請求書を
市政情報センタ-に申請しました。


開示請求書
・・・が平成28年12月7日に誓約書を書かされましたが、
議長が誓約書の提出を指示したことが解る内容の書類
」と記載しています。

公文書公開請求
姫路市市議会傍聴規則の施行された
平成28年6月2日より、姫路市議会の傍聴を拒否された人数、
及び誓約書を書いた人数が分かる内容の書類
」と記載しています。

平成28年12月21日に開示決定通知書が届きましたので、
入金手続きを済ませてから議会事務局に関係書類を受け取りに行きました.

公文書公開決定通知書
公文書開示決定通知書

開示決定通知書-1
開示決定通知書

受け取った封書の中には2枚の用紙が入っていました。、
確認をすると
1枚目には原告が誓約書を書いた枚数の数字が記載され、
他の傍聴人が誓約書にサインをさせられた形跡は有りません。
2枚目は「姫路市議会傍聴規則」が入っていただけでした。

議長の指示書を請求したにも拘らず
このような回答で説明責任を果たそうとする
田靡課長に抗議をしましたが取り合うこともなく最終的には
第二段回をふめばどうですか」と居直りとも言える言葉を投げつけられました。
第二段回とは訴訟の意味だと理解しています

原告は田靡氏に議長からの指示書を再度求めましたが
原告と田靡課長の会話の一部
事務局長が議長から委任をうけているんです。」
事務局長の指示に基づいて私らは動きよるんです。」と主張するのみで、
あくまでも口頭で指示を受けたと居直るだけです。
挙句の果ては
「その次の手続きを踏んでくれたらいいですよ」
「そんな居直ることではない」
「ちゃんと出せ、まともなやつをだせ」
だしてます
「議長が言ったなら言ったという指示書をだしたらどうなのや」と同じことの繰り返しです。
回答書の受け取りを拒否して帰りましたが、
原告は諦めることなく来年も続けて議長の指示書を求めて事務局を訪れます。
抗議は止めない、
理不尽な態度には屈しない。
風化はさせない。


改ざん測量図で立会確認印を集め回る。
関係記事
姫路市職員達は土地買収時に
虚偽、偽装、改ざん測量図で立ち会い確認印を集め回った。
2016.06.09(16:44) 26
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

山下持参改ざん図
測量したにも関わらず旧地積測量図を転記しているだけです。
(印照点は消しています)

増築部分F
原告宅地は地積測量図の面積より現状は広いと認識していましたが、
全ての家屋が旧地積測量図の中におさまっているのに疑問をいだきました。

当時の家屋は4軒共建売で、赤枠で囲んだ家がオリジナルです。
緑色の箇所が増築部分ですが4軒共同じ幅で記載されています。
4軒並びの左端が原告家屋で、左側緑色の増築部分の土地が
右側端の家屋右外に寄せられ、河川に取り込まれています

山下氏が持参した地積測量図を受け取りに河川課にいくと、
後日渡しますと言われたままで何の連絡もなく月日が経ちました。

再度連絡をいれて市役所に受け取りにいくと、
地積測量図には()の印と「・・地積測量図を基に作成したもの」と記載していました。

姫路市河川課職員は改ざん測量図で立会確認印を集め回りましたが、
原告が不正に気付き抗議をすると()の文字を入れた地積測量図を渡されました。

案
地積測量図(案)


抗議後には、
原告住居地域が1車線1歩道一方通行から
2車線1歩道対面交通の計画に変わりました。


1車線1歩道
一車線一歩道

2車線1歩道に変更
二車線一歩道

平成28年になって新たな展開になりました

11月に河川課に行き嵯峨部長に
地積測量図の受け取りの申し込みをしました。
後日河川課から地積測量図を受け取りましたが、
渡されたのは以前に受け取った地積測量図に()の印の無い測量図でした。
姫路市河川課より平成28年11月25日受け取り
河川課より受け取る平成28年11月

地積測量図、河川課から受け取る平成28年11月
地籍測量図
河川課より受け取る平成28年11月

原告が以前の経緯を話して抗議をしても何ら取り合うこともなく、
立ち会い測量を実施しないで作成した測量図
地積測量図として正規に取り扱われています

現状の土地形状は一部が工事によって取り壊されていますが
まだ原状が残っているので姫路市職員の不正は立証できます。

工事は進むこともなく止まったままの状態ですが、
時間が経てば既成の事実として
公権力を背景に工事を押し進めるのは明らかです

阻止するには訴訟しか有りませんが、
人の命には限りがあり、全てを知る者は逝き、
経済的な負担も掛かるという事実が、

職員の頑な態度に時の流れが全てを解決すると表れています

原告は改ざん測量図の件を
秘書課課長補佐と行政管理課職員S氏に説明していました。
河川課から受け取った地積測量図を両名に見せると・・・
次回に続きます

面会を求めて
秘書課課長補佐

待ち構えています
行政管理課職員S氏

姫路市職員は公共事業を押し進める為に
正当性と辻褄合わせを虚構して
不正を指摘した原告を貶めてきました。
時には地域の異端者であるかの風評を立てる。
地域の実力者に便宜を図り画策を施す、
数え挙げればきりが有りません。
大海の荒波に翻弄され一葉船が必死に抗う光景
原告が関わった姫路市職員に踏みにじられた17年間の絵模様に似ています。

今回の重要課題と事実、そしてカラクリ
不祥事が発生しても自浄能力のない組織
 石見市長は任命権者としての責務が希薄であると露見しました。
不正を追及されると()の印が押してある。

カラクリ
カラクリは姫路市の依頼方法

姫路市が依頼した株式会社西播設計
立ち会い測量はしていませんが(地権者が不在時に測量
加籐コンサルタント株式会社が立会証明書を作成しています。
原告が不正を指摘すると河川課職員から受け取った
株式会社西播設計の作成した地積測量図には()の印が押してありました。

関係記事
姫路市職員達は土地買収時に
虚偽、偽装、改ざん測量図で立ち会い確認印を集め回った。
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

立ち会い証明書
立ち会い証明書

案
西播設計の作成した
地籍測量図に()の印が押してあります。

姫路市が依頼した株式会社ヤマト測量
平成21年12月5日の測量時には
河川課浮田課長、岸本氏両名が測量士を連れてきましたが,
業者名を幾度訊ねても浮田、岸本氏は口を閉ざしたままで一切答えず、
業者2名も一言も発する事はなく、
乗ってきた車にも社名は明記していませんでした。
後日、道で会った作業者の胸には㈱ヤマト測量の名が入っていました。

業者の胸にはヤマト測量
後日道であった業者の胸には
ヤマト測量の社名がありました。

河川課職員-1
浮田河川課課長
現在は好古園の園長です

河川課職員-3
岸本河川課係長

宮本課長元河川課
宮本課長
河川課

紹介文
宮本課長が原告宅に持参した
家屋調査会社㈱N・Aの紹介文、
この業者は他の損害賠償訴訟事件の関係者にもなっています、

関連記事
司法、行政に関わる公務員は不正を指摘されると、
正当性と建前を構築してから、国民、市民を陥れようと画策します。
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

姫路市が依頼した家屋調査㈱N・Aが作成した
家屋事前事後調査報告書(丙5号証)では比較検討ができない。
家屋調査丙第5号証
丙5号証

関係記事
裁判所選任鑑定人K・Fの証言・「調査はしなかった」
2015.12.21(22:31) 4
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

姫路市が依頼した株式会社 ニッテクリサ-チ
振動調査 は手作業時に実施していますが、
重機(バックホ-)使用時の過大な振動が発生する
時間帯には調査を実施していません。

振動試験報告書-3
振動調査報告書

関係記事
藤本 克之裁判所選任鑑定人の 
虚偽、偽装鑑定書の検証。姫路市依頼の業者を何故擁護しなければ・・・その3
2016.11.29(18:08) 38
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

姫路市が依頼した石橋宏典画像官定人は、
カメラ比較検証の写真を見ると
ブラインドの前で自然光を光源として撮影しています。
使用カメラの比較をするのであれば
人工照明を使用して同一条件、同一光源で検証しなければ
精細なデ-タ-が得られず信頼性が有りません。

画像鑑定書-5
カメラの比較検証を自然光で実施しています。


関係記事
藤本克之裁判所選任鑑定人の偽装鑑定書、
そして、姫路市が依頼した画像鑑定人石橋宏典氏の結論。2016.12.09(17:01) 39
murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

本年、最後のブログに成ります。
行政訴訟被害者の原告として、
司法、行政に関わる公務員の所業の数々の実態を手持ち資料を
公に発信することで閲覧者の方々に予備知識として留めていただき
被害者に成らない為の回避と対策を促すのが責務だと信じて
残された人生の慟哭の叫びとして幣ブログを立ち上げました。
慣れない文章と拙い表現であるにも拘らず閲覧して頂き
皆々様に厚くお礼申しあげます。
有難うございました。
良いお年をお迎えください
               村雨





スポンサーサイト


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<不公正な裁判、理不尽な行政、其れを取り巻く鑑定人達の所業を今年も告発していきます。 | ホームへ | 林 圭介氏 大阪高等裁判所第11民事部 元裁判長裁判官、現在は依願退官後に学習院大学法学部、法学科の教授に>>
コメント
明けましておめでとうございます。

不正追及のために、今年も頑張りましょうね。
本年も、よろしくお願いいたします。
【2017/01/01 19:37】 | ろーずまりー #- | [edit]
新たな年の始まり、今まで以上に気持ちを引き締め、
> 不公正な裁判、不条理な行政、其れを取り巻く鑑定人達の実態を
> 告発し続けていきます。
> 私の場合は身の回りの事象を取り上げていますが、
> 国内至る所で同じ事象が発生していると考察できます。
> 手持ち資料を公にして司法、行政被害者にならないための、
> 参考にしていただけるように真実を訴えていきます。
> ロ-ズさん、これからもアドバイスをよろしくお願いいたします。
> 村雨
【2017/01/03 10:28】 | murasame #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する