タイトル画像

藤本 克之氏、裁判所選任鑑定人の 虚偽、偽装鑑定書の検証。高額鑑定料から見えるもの・・・その1

2016.10.27(18:45) 36

公共河川事業で家屋に被害が発生して、
生まれて初めて裁判の原告となり、
何も解らないまま弁護士を信頼して訴訟に踏み切りました。

訴訟手続き後は弁護士、裁判所の指示通りに従いますが、
行政訴訟では原告が限りなく100%敗訴になるとは
此の時には認識がありません。
裁判所は事実を積み重ねて真実を導き、
慎重、公平な判断
をしてくれると信じて訴訟をします。

裁判に全身全霊で取りくみますが、
事実を積み重ねて被告の虚偽を立証したにも拘らず
裁判官は恣意的な論理的整合性のない
判決文を構築して原告を全面敗訴にしました。

裁判所選任鑑定人の作成した虚偽、偽装鑑定書
行政の依頼した画像鑑定人、家屋調査員達の
原告を陥れる偽装証拠を採用しています。
裁判が茶番劇と気付いた後は、挫折感と不信感で
裁判への絶望感
はぬぐえません。

裁判所選任藤本克之鑑定人が、
裁判に真実を求めて訴えている原告を
単なる金儲けの手段として、偽装鑑定書を作成することで
高額鑑定料を受け取った
ことは許されることではありません。
藤本克之氏のホ-ムペ-ジ
http://www.houseco.jp/work/2726/construct

事務所-1
藤本氏の事務所表札

告発される事もなく安泰に過ごす裁判所選任鑑定人が、
この先も、虚偽、偽装鑑定書を作成して、
行政訴訟被害者を生みだすのを阻止する為にも、
藤本克之氏の偽装鑑定書を検証し公表することが、
原告の責務だと信じています。


大阪地方裁判所第10民事部(建築、調停部)のホ-ムペジには
鑑定書が提出された後でも、当事者は、
鑑定書に対する疑問点や確認したい点が有れば、
書面で尋ねることができます
」と紹介しています。

藤本氏には説明責任があり、
鑑定書所見と原告の指摘事項との相違点を
封書と電話で説明を求めましたが
取り合うこともなく、無視を続けております。

内容証明28年5月
内容証明書28年5月

藤本氏内容証明-1
藤本氏へ内容証明

藤本氏内容証明-2
藤本氏へ内容証明
決して時効にはしません

現場検証日は
8時30分から17時30分の昼休み1時間を除いた実質8時間の作業で、
㈱家屋調査N・A調査報告書撮影個所と同箇所を現場検証写真として
女性スタッフと2人で撮影を1日で終わらせています。

藤本氏の使用機材は
通称コンパクトカメラと懐中電灯、白板、差指棒を持参していましたが、
基礎部分の撮影時には調査箇所が暗いので、
懐中電灯の借用依頼があり2灯を
また手持ちカメラの充電が十分でないとの理由で
私のコンパクトカメラも貸与しました。
藤持参道具
藤本鑑定人持参検証道具
コンパクトカメラと懐中電灯、白板、差指棒

貸与した照明器具
原告が藤本氏に貸与したペンライトですが、
鑑定人としての資質に疑問を感じました。

既に証明していますが、
鑑定人の撮った写真にはピントが合っていない、白飛びの現象がある。
使用したカメラの解像度が悪い等の多々問題が発生しています。

コンパクトカメラでオートモード撮影をすると、
カメラが自動的に適正露出になるように調整することで、
環境や被写体の状況によっては明るすぎたり、暗すぎたりすると
白飛びと黒つぶれという現象が写真に発生します
。」

一眼レフカメラにはヒストグラムがあり露出の確認ができますが、
コンパクトカメラを使用して調査対象を撮るのは不適当で、
専門家である鑑定人が何故この様なカメラで撮影したのか
疑問でしたが、
全ては偽装鑑定書を作成するためのプロロ-グに過ぎません。

調査当日に、
持参計測器具は一度も見ていません
計測実施も確認していません。

ジュラク壁をクロスと間違う

藤本氏撮影白飛び現象でジュラク壁をクロスと間違う


ジュラク壁
現状はジュラク壁です。
右上部に写ている白い部分はクロスです。

東側入り口誤認、ジュラク壁
藤本氏撮影白飛び現象でジュラク壁をクロスと間違う


クロスではない、ジュラク壁
藤本氏撮影白飛び現象でジュラク壁をクロスと間違う


入口は全てジュラク壁
現状は勝手口全てがジュラク壁です。

解像力が悪くて形状が確認出来ない

解像力が悪くて位置と形状が確認できません
藤本氏は上部を指しています。

亀裂
左側が上部 右側が下部です。
亀裂は下部が広くて上部にいくほど消えていっている。


原告指摘個所を押さえている
藤本氏は家屋調査時の指摘箇所と異なる場所を指している。

浮きが発生している、押さえている箇所が異なる

藤本氏は家屋調査時の指摘箇所と異なる場所を指している。

浮き
上部写真の藤本氏が指している箇所は浮が発生しているが、チリと表現をしている。

和室A柱スキ
藤本氏は家屋調査時の指摘箇所と異なる場所を指している。

2階和D浮き
2階和室の浮き

P1030030.jpg
クラック

亀裂
クラック

被害個所
クラック

藤本鑑定人作成の鑑定書では、
「本件建物の目視確認では、内外部の仕上げ層(モルタル・聚楽壁)に
浮き等が見当たらなく
ひび割れも形状が太く長い物は無い状況です。」との所見を述べていますが、
甲第111号証では 
和室Dに措いては過大な浮きが5個所もあり、
「ひび割れも形状が太く長い物は無い状況です。」との所見も
現状では外壁には南側立面に太く長いクラック、スキ等が多々あり
本件建物目視調査の信頼性がありません。

形状が確認出来ない
マジックで矢印を写真に書いて検証個所を指していますが、
カメラの解像力が悪いので隙の形状が確認できません。


縁側壁隙途中で止まる
上記写真と同じ個所を原告が撮影。
隙が途中で止まっているのが確認できます。

形状が解らない
マジックで矢印を写真に書いて検証個所を指していますが、
カメラの解像力が悪いので隙の形状が確認できません



スキの形状が解らない
マジックで矢印を写真に書いて検証個所を指していますが、
カメラの解像力が悪いので隙の形状が確認できない


鑑定人が真摯に調査をすれば
不具合箇所の形状、亀裂の長さの止まり位置、各面の不具合個所数を比較等確認し、
専門的な知識経験をもってすれば
被害発生要因は工事、或は経年劣化であるのか確認可能です。
調査をしないでピンボケ、白飛び等の写真で偽装鑑定書を作成したのは明らかで、
鑑定書の所見が現状と余りにも違うので、原告自身で家屋調査をしました。
そして順備書面と共に提出しましたが、最後まで裁判で認められる事は有りませんでした。

原告調査写真-4
原告調査写真

鑑定書の所見は
姫路市が依頼した㈱家屋調査N・Aの家屋事前事後調査報告書と
鑑定人の撮った写真から導き出しています。

鑑定書では、
工事前から存在しているクラック及びスキ・割れの幅、長さは
写真デ-タを画面で拡大して解る程度の進行であり、
建物の構造体にまで影響を及ぼす程ではなく、
殆どのクラックが表層のモルタル微小なひび割れと考えら
れます」と
偽装或は不確かな写真から所見をかいています。

原告は裁判所選任藤本克之鑑定人の虚偽、偽装鑑定書を検証して
大阪高等裁判所第11民事部に直接送達しました。

結果は
大阪高等裁判所第11民事部 裁判長裁判官 林 圭介として。
(現在は依願退官されて、学習院大学法学部で教壇に立たれています。)
www.gakushuin.ac.jp/univ/law/professor/hayashik.html
大阪高等裁判所第11民事部
裁判長裁判官 林  圭介
裁判官    杉江 佳治
裁判官    久末 裕子

判決
主文
1(1)・・・敗訴部分をいずれも取り消す
 (2)・・・一審原告の請求をいずれも却下する。
2     一審原告の本件控訴を却下する。
3 訴訟費用は、第1、第2審とも。一審原告の負担とする。
(裁判所選任鑑定人藤本氏の鑑定費用1.400.000円含
本件の判決は原告全面敗訴です。
判決文一部転記

農業水路の撤去解体、長さ約24.2m 幅約3m 深さ約1.4m、体積約41tのコンクリ-ト壁を
解体して撤去する。撤去後の溝に土を入れて更地にした。作業終了後は重機を元の定位置に戻す
。」
この一連の工程を判決文に沿って構築すると
1時間30分~2時間30分で工事は完了することになりますが、
何故この様な一般常識から逸脱した判決文を書いて、
全面敗訴にしなければならなかったのか・・・
次回に続きます。

今回の重要課題と事実、そしてカラクリ

裁判所から専任された鑑定人を原告が断ることはできません。

藤本鑑定人は、
都合が悪くなると、取り合うこともなく、
無視を続けて、最後には裁判所に助けを求めます。

高額費用の鑑定書
藤本鑑定人は、事前、事後調査箇所と異なる
原告が指摘した新たな被害発生箇所を押さえながら、
あたかも比較しているかのように装っています。

カラクリ
姫路市が依頼した㈱家屋調査N.・Aは事前、事後調査時の
カメラは異なる機種
を使用していますが、
まだ裁判所選任鑑定人の調査時には明らかにしていません。

裁判所選任鑑定人・藤本克之氏が新たな被害発生箇所を
表現を変えて「拡大している」と
偽装鑑定書を作成しました。
裁判官の恣意的な、経験則、論理則に反する認定と
御用鑑定人達の虚偽、偽装鑑定書で原告全面敗訴の判決文

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

次の出番の画像鑑定人がカメラ性能の差値による・・・・、
目の前の被害箇所が全て鑑定書の中では消えてしまう
司法と行政が構築した子供だましの筋書きです。

追記
建具と柱の隙間仕上げジュラク壁の塗り替え
藤本氏のコメント。
建具と柱の隙間仕上げジュラク壁の塗り替え
建具の開け閉めはどのようにすればいいのか、理解に苦しみます

藤撮影226
白板を立てかけて撮影して、
ヘア-クラックと表記しています。
(被害箇所に白板を立てかけて亀裂を隠す偽装写真です。)

藤鑑定書226ペ-ジ同箇所
白板をのけると亀裂が現れます。

藤撮影216
白板を立てかけて撮影して、
ヘア-クラックと表記しています。
(被害箇所に白板を立てかけて亀裂を隠す偽装写真です。)
藤本鑑定書216ペ-ジ同箇所
白板をのけると亀裂が現れます。


スポンサーサイト

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

 姫路市職員は正当性と建前を虚構して、抗議する市民を排除します。犯罪人に陥れることも・・・ その3

2016.10.15(17:09) 35

幣ブログは、手持ち証拠書類、写真、録音等の
記録を検証して事実を積み重ねて真実を公表しています。

そこから見える、司法、行政に関わる公務員の実態と、
日本は民主主義ではなく,不公正、理不尽が
蔓延している社会
だと知ることができます。

姫路市役所の組織においては自浄能力もなく、
職員は責任回避に終始
しています。

職務或は、組織を揺るがす市民」を、
公権力を背景に職員の一方的な主観で
文章を作成して正当性と建前を虚構してから排除します。


姫路市職員は正当性と建前を虚構して、抗議する市民を排除します。
犯罪人に陥れることも・・・  ブログ32回、34回

http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
http://murasame83.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


姫路市職員が、原告の姫路市議会定例本会議の
傍聴を阻止している実態を告発しましたが、
その後の経緯を総括します。

待ち構えています
待ち構えています

取り囲まれて
取り囲まれて

傍聴拒否の正当性があるのか、
田靡氏作成の「傍聴拒否起案書
及び「姫路市議会傍聴規則」から検証してきました。

姫路市議会傍聴記録

28年第2回本会議日程
6月2日  傍聴をして一言を発する
6月10日 傍聴を拒否される
6月13日 誓約書を書かされる。許可がでて傍聴をする。
      議会中は一言も発せず
6月23日 傍聴を拒否される。

28年第3回本会議日程
9月2日  誓約書を書かされる。許可がでて傍聴をする。
9月9日   傍聴を拒否される
9月12日  傍聴を拒否される
9月13日  傍聴を拒否される
10月5日も 傍聴を拒否されました

待ち伏せ
10月5日の傍聴拒否状況

議会傍聴記録-2
姫路市議会傍聴規則

傍聴拒否の理由は「姫路市議会傍聴規則」の
「第3条 (4)前3号に掲げる者のほか、会議を妨害し、
又は人に迷惑を及ぼすことを疑うに足りる顕著な事情が認められる者」の
項目を指して原告の傍聴を拒否しています。

傍聴拒否期間は姫路市議会傍聴規則には
第7条 傍聴人が・・・議長の指示に従わず議場の秩序を乱すおそれがあるときは、
     議長はその者を退場させることができる。
   2 議長は・・・当日の入場を禁止することができる。」 と謳っています。

当日の傍聴拒否はできても、
期間の定めが記載されていない議会傍聴規則で
「2日以降の9月9日、12日、13日、10月5日」の
傍聴拒否が4日もできるのか
田靡氏に質問したところ「裁量で」 との回答でした。

裁量とは「自分の考えで問題を判断し、処理すること
                      (weblio辞典に記載。)

職員の恣意的裁量で期間を決定できるということは、
「職務或は、組織を揺るがす市民」を
正当性と建前を虚構して陥れれば、
後はやりたい放題が通るということです。

開示請求-1
開示請求書7日提出分

開示請求
開示請求書13日提出分
開示請求書の13日提出分は
(6月10日、23日、9月9日、12日、13日)各日にちの
傍聴拒否理由が知りたくて要求しましたが、
7日提出分と同じ内容の回答書を手渡されました。

本文
原告傍聴拒否起案書 本文

本文 (2)
上記本文を拡大

田靡氏の起案「原告傍聴拒否起案書」の本文で
行政管理課職員から写真撮影を注意されたにもかかわらず、
携帯電話で1回撮影を行った
。」と記載されていますが、
写真撮影の指摘傍聴拒否は田靡氏からで、
行政管理課職員S氏との事象が恰も事実のように
記載された文章
になっています。

当事者の行政管理課職員S氏はどのような認識をしているのか、
9月6日に行政管理課職員S氏と原告が会話した録音記録があります。

田靡氏と原告、行政管理課職員S氏と原告
双方の会話を活字に起こして比較すると
そこから見えてくる真実とは・・・

(9月2日、本会議での原告と田靡氏の会話)
田靡課長
違反行為が有りましたんで
原告
 「何、またこんなことをいいだしたで」
田靡課長
写真撮影をされていたんで
原告
 「カメラはあれへんで」
(カメラはカバンに入れた状態です)
田靡課長
いえ 確認しました
原告
 「写真機は何処にある」
田靡課長
いえ いえ
10時25分に
原告
 「証拠はどこにある、証拠をみせて」
田靡課長
撮影写真を確認したので、次回の本会議の傍聴は許可できません」との
やり取りから口論が始まり話は堂々巡りに、

その日は、S氏と、当日の出来事を話しながら
市役所の1階まできてから別れました。

(此の時に携帯の写真保存を見せましたが
写した写真は無く、傍聴席から1階までは常に
S氏と一緒で行動していたので消去する時間も有りません。)

姫路市役所
姫路市役所

9月5日の原告と田靡氏との会話
田靡課長
私は目視で確認しました。」
本会場に向かって構えられたんで、議場に向かってカメ・・
携帯電話を構えられたんです。」
原告
 「あんた、よくそこまで嘘をつくな」
田靡課長
いや 私は ちゃんと確認しました。」
そのあと○○係長(暴対S氏)から注意を受けたと思うんです
原告
 「注意も受けないし、それはいつの話」
田靡課長
え~、この前の本会議です。 9月2日です。」
原告
 「あんた嘘ばっかり言うな」
田靡課長
携帯カメラを構えられたのは事実です。」
これが当日のやり取りで、平石課長も同席していました。

原告は10時25分頃に座ったまま膝元で携帯の履歴と、
メ-ルをみてから電源を切った事実はあります。


原告の側にいたS氏、平石課長両名から
一度も写真を撮るなと注意はされていません。

田靡課長の
 「本会場に向かって構えられたんで、議場に向かってカメ・・
 「携帯電話を構えられたんです。」
との主張は、
原告が議場に向かって携帯を構えたのであれば
議場の上にあるカメラで原告の行為が撮影されています。
その証拠を見せて頂きたいと言っていますが、
現在まで見せて頂いておりません。
(ブログ32回、34回より転記)

IMG_20160913_0001_20160913204413c38.jpg
緑色矢視の先にはカメラが設置

9月6日の原告とS氏の会話。)
原告 
「下りてきた時、私な、あれ(田靡氏)が写真撮っていたと言った時、
  Sさん、私も見たと言ったけど、」
「私が下に降りてきた時に写真を見せた時、 撮っていたと思っていた(S氏の発言)」
S氏
貸して、 カメラの画面にしてもろていい
カメラ取る画面に、」 カシャ 
この音がしていたんや 確認したんやおれは
原告
「これ暗いところは撮れない、」「ピントも合えへんで」
S氏
ピント何か関係ないもの、だって下を向いていたもの
原告
「そうやろ」
S氏
下を向いている時にカシャと音がしたんや
原告
「それは おかしい、 写真はないやろ写真は写ていない) 俺、撮ってないよ 」 
S氏
人に向けたり 前に向けたりしては、してないよ 
原告
「 おかしいなと思った まだ使いきれていない、」
S氏
「 あ、ほんま(笑い) いや写真を撮ったか撮らなかったと話しやったら、
 撮ってんなら、撮ってんねん
対象は足元の方をむいとったけど
原告
「 そうやろ 」
S氏
 うん
原告
「 そうやろ、僕はまだ使いきれへんから」
S氏
「 音がしとたんや、うん 撮ったんねんは撮ったのは)、
撮ってんねん撮っている)、 
撮ってるか撮ってないかと言う事実をいったら
撮ってんねん撮っている)、おれ 聞いたから
其れで●●さんが人に向けて撮ったかときいたら、
俺は撮ってないというよ。
議場に向けて撮ったとか、後ろの人に向けて撮ったとか
撮ってないと言う話で あの~ 議会の人が言ってきたら 
●●さん、そんなことはしてないよ、足元を撮っていたというよ
、」  
原告
「 私は電源を消していた、」(電源を切ろうとしていた
S氏
 間違えたんか 
原告
「間違えてない 音は私自体きいてないから、」
S氏
とっとったのはとっとったんや、(撮っていたのは、撮っていた)」
原告
「撮った人間が、音聞いたら解ります。」
S氏
何処を向けてとっとったか撮っていたかと言うと
足元を向けてとっとった
撮っていた事実はあるねん、
だから俺は撮ったと言ったんや。

原告
「だけど 私がとったのなら議場にカメラがあるから 」
S氏
まえにこれがあるから多分写てないと思うよ、」

 これとは衝立の意味です。
傍聴席
傍聴席の前には胸の高さまでの衝立があります。

原告
「写てないということは、議場を撮っていない事を実証できるね。」
S氏「だけど足元をとっとったのは撮っていたのはとっとったわ撮っていた)。
とっとる撮っていたのはとっとるねん撮っている)。」
以上が原告とS氏の会話です。

原告の主張が全て正論、行為も正当であると自負はしていませんが、
全ての事象は事実として正確に記載しています。

田靡氏の「議場に向かってかまえられた」との主張は
虚偽でその主体から文章を作成されたものと考察できます。

行政管理課職員S氏は「足元を撮っていた」と説明をしていますが、
原告は足元を取る必要性は有りません。
何故この様な事象で4日も傍聴拒否が出来るのか、
全ては公務員の公権力の行使で
市民を陥れる事が可能
だと立証しているのです。

10月5日に
原告とS氏がエレベ-タで4階本会議場から3階におりて
事務局の方向に歩こうとすると、
階段から駆け降りてきたのか既に田靡氏が待っていました。

原告の前に立ちはだかり通行の妨害をしてくるので、
思わず突き放しましたが、
その時に「あ、あ~」 「あ、あ~」と田靡氏が
三文芝居のように白々しく声を上げました。
S氏曰く、「今のは、あかんで
この状況はボイスレコ-ダ-に録音しています。

録音から、実状が確認出来ますが何も証拠が残っていないと
暴行罪」を適用されていた可能性もあります。

公権力を持つ司法、行政に関わる公務員が
国民、市民を陥れる卑劣な手口の実態を知るうえで公表しましたが、
公務員と争う時には、証拠を残すことを忘れずに
常にカメラと録音機は自分自身の身を守る上で携帯して下さい。

起案
起案書に9名の氏名

稟議制度を責任回避の手段として、
傍聴拒否起案書の決裁部分に9名の署名がしてあります。
その中の1人小林直樹次長との会話

原告 「これ全てめくら判を押している」「あなたは誰や」
職員  「次長です、私は確認して判子を押しました 
原告 「何処を確認したのや」
職員  「確認したのは事実です
    「これを確認して議論しても意味が有りません
    「不満が有るなら違うところで言ってください
原告 「この様なめくら判をおしておいて・・・」
職員  「議論はしません
居直りともとれる発言にも何ら抗議、追及の術もありません。

公務員との争いには裁判しか有りませんが、
全てに訴訟をするわけにはいきません。
自浄能力の無い、責任回避に終始して
居直る公務員ほど始末に悪い者はありません。

以上のように責任回避をする為には正当性と建前を虚構して、
市民を陥れる手口は司法、行政に関わる全ての公務員に共通します。

不公正、理不尽な所業を風化させない為にも、
無視を続ける姫路市職員の対応には、
原告が注目をあびる行動をとり、趣旨を公に発信することで、
抑止力、或は正常な状態に戻ると信じています。

正攻法ばかりで行動しても何らかわることは有りませんが、
たまには奇策で行動することも意義があると確信できました。

次回の平成28年第4回議会定例会は11月下旬に開催されます。


10月13日、
姫路市職員の不正が報道されました
つい先月にも、姫路市発注の道路整備工事を巡る贈収賄事件で
道路整備改善課長堀本匡宏(まさひろ)容疑者(56)が
収賄容疑で逮捕されたところです。

今回も収賄容疑などで姫路市建設局長
後藤竜一容疑者(60)が逮捕されたと報道がありました。

この様に姫路市職員の倫理が問われる不祥事が次から次と出てきています。

テレビでは黒川副市長が謝罪会見をしていました。
黒川副市長とは市長公室秘書課で度々出会っていますが
原告の不正告発を聞かれても無視を続けています。

市長の謝罪コメント

「全体の奉仕者である職員は、
厳しい倫理観が要求されていることを公務の内外を問わず常に自覚し、
公務に当たっては、公務員としての使命感と倫理観を強く認識し、
全力を挙げて遂行しなければなりません。

 このたびの逮捕を受け、
今後決してこのような不祥事を起こさないよう全職員に対し、
綱紀粛正、服務規律の確保について指示するとともに、
全職員が一丸となって市民に信頼される市政の確立に
努めることを厳命
したところでございます。

 私をはじめ職員一同、いま一度、公務員としての基本に立ち返り、
職務を誠心誠意、遂行することで、
一日も早い市政に対する信頼の回復を図ってまいります。
平成28年(2016年)10月13日
姫路市長 石 見 利 勝」

姫路総性カフェ-にて
石見市長 姫路総性カフェ-にて

白々しいとは此の事でしょうか。
職員の不正、理不尽な所業を内容証明、レタ-パックで市長宅に送り続けています。
また原告が時間の許す限り、市長公室秘書課に訴えにいっていますが、
市長の御言葉は「適当に対処しなさい」と前任の秘書課の職員が話してくれました。

6月24日に秘書課から出てくる市長と偶然に出会
直訴いたします」と声をかけると
忙しい」と吐き捨てると去って行きました。
その後ろ姿に
私も忙しい中、直訴に来ているのです」と
虚しく声をかけてしまいました。

市長は幾度となく訴えに来ている原告の声を聞き、姿を見ていますが、
この時の市長の対応が姫路市の体質そのものと理解できました。」と
ブログ30回で記載しています。

原告が発する
職員の倫理はどうなっているのか」の指摘が
現実となって不祥事が多発して表面に出てきています。

不祥事事案が発生する度に
倫理、倫理」と市長が唱えています
以前から同じことが繰り返されていて改善の見込みは有りません

倫理と職務-1
平成22年7月の姫路市職員倫理・服務改革大綱

倫理と職務-2
平成22年7月の姫路市職員倫理・服務改革大綱

倫理と職務-3
倫理規定

今回の重要課題と事実、そしてカラクリ

公務員と争う時には、
証拠を残すことを忘れずにカメラと録音機は必需品です。
 
事実無根であるにも関わらず、田靡氏の文章
行政管理課職員から写真撮影を注意されたにもかかわらず」の表現

市長の謝罪コメントの前文で、
全体の奉仕者である職員は・・
全体の前には市民の文字が脱落しています。
全ての不祥事の本質はこの脱落2文字が表しています

カラクリ
田靡氏の「議場に向かってかまえられた」との文章は虚偽で、
公務員の公権力の使い方一つで市民を陥れ、
傍聴拒否を通告することも可能です。

収賄容疑で逮捕された後藤竜一容疑者は姫路市建設局長。
建設局の道路管理課に在籍している宮本課長
家屋調査会社㈱N・Aの紹介文を持参して
原告に手渡した人物です


道路管理課、職員配置図
道路管理課、職員配置図

宮本課長元河川課
宮本課長 河川課

紹介文
宮本氏が持参した家屋調査㈱N・Aの紹介文
この業者は他の裁判の損害賠償訴訟の関係者に成っています。


行政訴訟被害の検証からかけ離れたテ-マになりましたが、
姫路市本会議の傍聴拒否の実態を公にすることで、
閲覧者、皆さんご自身の冷静な判断、毅然とした公務員への対応が
日頃から重要であると、再認識することができたのではないでしょうか。
そのための予備知識として当ブログを閲覧していただければ幸いです。

予定の
「藤本 克之氏、裁判所選任鑑定人の 虚偽、偽装鑑定書の検証。
高額鑑定料から見えるもの・・・」
は次回に記載します。


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2016年10月
  1. 藤本 克之氏、裁判所選任鑑定人の 虚偽、偽装鑑定書の検証。高額鑑定料から見えるもの・・・その1(10/27)
  2.  姫路市職員は正当性と建前を虚構して、抗議する市民を排除します。犯罪人に陥れることも・・・ その3(10/15)