タイトル画像

行政訴訟は原告敗訴が限りなく100パ-セントに近い。    石井弁護士は原告訴訟代理人として主張、立証活動、しかし結果は全面敗訴でした。

2016.04.27(17:04) 21

一般庶民にとって裁判は、普段の生活とはかけ離れ無縁のものとして生活を営んでいますが、
予期しない被害を受け損害賠償訴訟に発展する事象もあります。


テレビで放映している法廷は、
正面の法壇の上に法衣を纏った裁判官が厳粛な表情で座り
厳格な雰囲気と静寂な時間が流れている映像が写ります。
この映像から、裁判官は中立、公平、公正の立場で、
法と良心にのみ基づいて正当な判決が言い渡されると信じてきました。

行政訴訟の判決が下り判決文を読むと審理された内容、原告準備書面には
一切触れられずに、被告の捏造した証拠、虚偽の証言を反論立証したにも関わらず、
原告敗訴の筋書きに沿って整合性、論理性など全く無視して判決文は構築されています。
原告は裁判が茶番劇だと初めて気付くのです。

行政訴訟では原告敗訴が限りなく100%に近いと、
弁護士は把握していると考察できます。
依頼があった当初、結果がどうなるかを推測して、
依頼者の期待から離れ過ぎていても事件として受任するか
断るか弁護士の裁量が問われます。

裁判では、本人訴訟と訴訟代理人をたてる方法がありますが
弁護士を依頼する時にはどの様な基準をもって決めるのでしょうか。
弁護士費用は高額であるにも関わらずに弁護士の力量、能力も解らないままに
依頼しているのが現状ではないでしょうか。
相撲の番付表には格付けを記載しているので初めて相撲を見る方にでも
力士の力量も大凡見当が付きますが、弁護士を見ただけでは明確な能力はわかりません。

片岡弁護士ブログの一節で
「以前は、どの弁護士も能力差がそれほど大きくはないと思っていた。
100点満点で言えば、皆70点以上だとの思いはあった。
70点以上であれば、特殊な裁判は別として、
依頼者が弁護士の選択を誤って酷い目にあうと言うこともあまりない。
最近、調停委員をやっていて、弁護士に能力の違いがあるということを痛感する。
遺産分割を主として担当しているが、当然調べるべきことを調べていないとか、
主張すべき法律的な主張がなされていない、と感じることがある。
それによって、場合によって、1000万円以上の損をするのではないか、と思う事例もあった。
依頼者は素人である。弁護士の能力の違いは、
どのようにして判断すればよいのだろうか。」と警鐘を鳴らしています。
弁護士の能力差で勝訴か敗訴になるのでは原告は報われません。

「注意する弁護士・法律事務所・チェックリスト」のサイトをみつけましたが
個人の経験と抽象的な表現で説明していますが、
弁護士選びの選択肢からかけ離れているように推測でき、
外見的要因で判断すると失敗するでしょう。

弁護士に支払う対価は知識と、経験等総体的弁護力ではないでしょうか、
理解力(概念や関係性の理解力)
読解力(書き手の込めた行間を読み取る能力)
洞察力(深化系の能力。想像力、パターン認識力を含む)
構築力(ストーリー構築力、仮説構築力など、洞察力と反対方向の能力。)
俯瞰力(客観的に見れる力)
弁護力の無い弁護士が高額な弁護費用を受け取り、
真実の結果を出せなければ詐欺師となんら変わりがないと思うのですが・・・。

弁護士は月に何件の訴訟を受け持っているのか
裁判所に通い任意に選んだ3名の弁護活動の記録をとりました。

弁護士活動表

結果
1弁護士 依頼件数19件  内訳 原告依頼16件 被告依頼3件
A弁護士 依頼件数9件   内訳 原告依頼2件  被告依頼7件
Y弁護士 依頼件数5件    内訳 原告依頼3件  被告依頼2件

I弁護士事務所は  事務員4名
A弁護士事務所は  他の弁護士1名、事務員(人数は不明)
Y弁護士は     弁護士事務所に所属

I弁護士は 依頼者は原告で個人が多い、大きな裁判、有名な裁判の原告副団長などをしている。
A弁護士は 依頼者は被告が多く、会社関係が多い
Y弁護士は 依頼者は原告、被告の双方から
※裁判結果が勝訴か敗訴かを確認していません。

以上を検証してみると、
I弁護士は  1人で弁護を掛け持ちしていることが解ります。
      果たして19件全てを精査した内容で弁護活動ができるか疑問です。
A弁護士は  会社関系の被告からの依頼が多く、横のつながりで紹介し合い、
      其れなりの結果を出していると推測できます。
Y弁護士は  事務所から依頼者を紹介されて弁護活動をしていると推測できます。

記録をとることで、各弁護士の弁護活動が明確に浮かび上がってきましたが、
弁護士選びを失敗しない為にも、依頼をする時は良く調査、検討することが
必要である事がお解り頂けたと思います。

当該裁判は石井弁護士に依頼しました。
裁判所選任鑑定人藤本氏の高額鑑定費用の請求書に抗議して
原告が代理人弁護士に送った質問書の一部を記載します。

『私は以前より疑問に思っているのは、鑑定人調書、
被告姫路市代理人から
「あなたの鑑定資料は。要するに工事前、工事直後の写真
若しくはデ-タから比較して、それでみていったと、・・・」
はい、そうです
「それ以上の何か調査とかはなさっていますか」
それ以外は出来ませんので、今回は。物理的に。)
「もう写真判定だけですね」
はい、そうです。)との質問に証言しています。
見積書項目の現地調査費については法廷で調査はしていないと証言しております。
また図面作成費も単に原告が裁判所に提出した家屋図面を使用して
番号を機械打ちに変えただけの図面でした。この様な図面がはたして作成と言えるのか、
図面作成費は過剰請求であるとの認識です。
実施していない現地調査費は当然返還されるものであり、
図面作成費共に返還されるべき費用と考えます。
与納金を藤本氏に全額渡し済みなら是非この点を明らかにして
裁判所から説明をもとめていただきたいとおもいます。』

不具合箇所図面
原告の提出図面

KF図面1
裁判所選任鑑定人藤本氏が作成した図面

藤本見積
鑑定費用見積

藤見積書
上記鑑定費用見積の一部拡大

弁護士に渡した与納金受け取り
鑑定費用与納金受け取り

原告控訴代理人石井弁護士よりの回答
弁護士より返信

弁護士より返信 一部拡大
上記返信文の一部拡大

最終的には原告が訴訟代理人に送った総括文も記載します。
姫路市職員の河川公共事業における所業も記載していきます。

訴訟に至った経緯と姫路市職員の行動と現状。(名前は仮名です)
「家屋事前事後報告書」の説明資料は一切持参せず自宅に来た河川課 林課長補佐。
度々説明を求めても説明責任を果たさずに異動。
他課に換わって課長に昇格していました。
林課長に「家屋調査報告書」を持参して説明を求めたところ、
忘れた」の繰り返し、後は無視を続けています。
説明責任もしないで高飛車な態度で拒む、この様な人物がいま部長として室長席に座っています。
最近再度、説明を求めると、「河川課に行って聞いてくれ」と当事者でありながら無責任な対応です。

林部長
室長席にて
職員は、「換わってしまえば関係無い、新任担当者は前の事は解らない」と
責任回避に終始しています。

今回の教訓
世間では責任は付いて回る
役所では責任が盥回し
自己責任、説明責任、精励恪勤

情報を発信しなければ誰も知る由もなく
誰も何も知らないのは、
最初から何も無かった事と同じで、
抗議をしても諦めると何も無かったことのように風化してしまいます。

スポンサーサイト

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

大阪高等裁判所裁判長裁判官 林 圭介氏は、依願退官後に学習院大学法学部、法学科の教授に平成28年4月に就任されています。

2016.04.19(06:50) 20

「林 圭介 | 教員メッセージ | 学習院大学法学部」を開くと、
素晴らしい経歴と優秀な人物であるのは一目瞭然です。
www.gakushuin.ac.jp/univ/law/professor/hayashik.html

退官後は教壇に立ち法学を学ぶ学生を育てていかれるのでしょう。
優秀であるにも関わらずに、経験則違反、論理的矛盾を何ら問題ともしないで
行政訴訟の判決文を構築されていることです。
頭脳明晰で優秀である事と経験則、論理則の良識をもって
判決文を書く能力は異なると実践された人物でもあります。

「事実認定と裁判官の心証形成」
     弁護士 中田 昭孝 氏ホームページより一部抜粋
「事実認定には、自由心証主義がとられており、究極のところ、
事実認定は、当該具体的な事件を担当する裁判官の全人格的価値判断に外ならならない。
裁判官は、自由心証主義の名のもとに全人格的判断を濫用して
安易に事実認定をすることは許されず、事実認定は、経験則と論理則に従い、
多数の証拠や間接事実を分析総合して、その良識と推理を働かせた上、
合理的にされなければならない。
裁判官としては、常日頃から、具体的事件に適用されるべき経験則や
これを排除する特段の事情等の研究,研鑽を謙虚にして、事実認定に対する
国民の納得と信頼を獲得するように努めるべきであろう」と啓発されています。

林 圭介教授には、「知識は力」ですが「十分な知識と経験」を
構築することの重要性も心に留めていただき、
事実認定は、経験則と論理則に従い、合理的な結果が構築できる学生」を
育てられる教授になられることを心より願っております。

大阪高等裁判所第11民事部 裁判長裁判官 林 圭介として
大阪高等裁判所第11民事部
裁判長裁判官 林  圭介
裁判官    杉江 佳治
裁判官    久末 裕子

判決
主文
1(1)・・・敗訴部分をいずれも取り消す。
 (2)・・・一審原告の請求をいずれも却下する。
2     一審原告の本件控訴を却下する。
3 訴訟費用は、第1、第2審とも。一審原告の負担とする。
(裁判所選任鑑定人藤本氏の鑑定費用1.400.000円含)
本件の判決は全面原告敗訴です。
判決文一部転記
1)
「農業水路の撤去解体、長さ約24.2m 幅約3m 深さ約1.4m、体積約41tのコンクリ-ト壁を
解体して撤去する。撤去後の溝に土を入れて更地にした。作業終了後は重機を元の定位置に戻す。」
この一連の工程を判決文に沿って構築すると1時間30分~2時間30分で工事は完了することになる

撤去農道河川
農業用河川(撤去後に埋め立てられる以前の写真)

水路撤去後に土を入れる
埋められた農業用河川。

水路撤去後に土を入れる-2
埋められた農業用河川。

2)
「○○は、上記4時56分ごろのメ-ル送信時には本件建物内におり、
このときにはまだ工事の音がしていたと証言するが、
冬至直前である12月16日の上記時間帯であれば、
外は既に暗くなっていたとみられ、一審被告○○の供述どおり、
本件撤去工事は午後4時半頃に終了していたものと認められるから、
○○の上記証言は採用できない」
暗くなると作業は不可能だとの認識で、世の中の労働者が暗くなっても
汗水たらして働いている状況を知らない

12月16日
同月日、同時間帯 
裁判官は世間一般では作業を止める明るさと認識。

3)
「一審原告は、対岸工事により本件建物の外壁にひび割れ等が生じたと主張して・・・
一審被告姫路市は、本件建物が掘削位置から約15m離れている等の理由を根拠として、
振動の影響は考えられないと主張していた」
「一審原告と一審被告姫路市とは、平成15年11月から平成16年9月までの間に
実施された対岸工事のころから、本件建物への対岸工事の振動の影響について
主張が対立していたことを併せ考慮すると、
一審原告の上記主張は採用できないと言うべきである。」と否認している。
証拠写真を一切無視

平成15年~16面の工事
家屋の近隣で作業をしている。

2004nen4月29日
被害箇所を現場責任者が撮影。

平成16年5月8日
上記撮影個所の被害状況。

4)
「本件撤去工事は、まず、農業用水路のうち撤去部分である本件水路の
東側の縁の両側をハンドブレ-カ-を使用して取り壊す方法によりおこなわれ、
片側1名ずつ2名が作業により午後2時ないし3時ごろまでの時間を要した。
なお、前記事実記載のとおり、同日午前9時46分の振動加速度レベルの数値は46dB、
同日午前10時2分の同数値は44dBであり、いずれも75dB以下であった。」と認定している。
手作業より重機械を使用した方が振動レベルは大きいが全て無視。

ハンドブレ-カ
手作業写真

取り壊し状況
重機械を使用時の作業写真

裁判官として恣意的な自由心証主義のもとに、原告の証言、証拠書類を一切否認して、
一審被告の供述で判決文を構築した結果、経験則違反、論理的整合性のない
原告敗訴ありきの判決を下した。
裁判被害者は再審の道は閉ざされ永久不変に被害から解放されない事実を深く心に留め
教壇で講義をして頂くことを切望いたします。

代理弁護士について
裁判では、本人訴訟と代理弁護士をたてる方法がありますが
弁護士を依頼する時にはどの様な基準をもって決めるのでしょうか。
弁護士費用は高額であるにも関わらずに弁護士の力量、能力も解らないままに依頼しているのが現状ではないでしょうか。
次回に続きます・・・


今回の教訓
人は見かけによらないもの
知識より知恵

情報を発信しなければ誰も知る由もなく
誰も何も知らないのは、
最初から何も無かった事と同じで、
抗議をしても諦めると何も無かったことのように風化してしまいます。
司法、行政の所業、手口等の実態を一人でも多くの人に知っていただくために、
手元資料を公表することで、新たな被害者をださない、
事前に対処、被害発生の抑止効果があると信じてやみません。
                                  村雨


不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

論理的整合性の無い判決文を構築した裁判官.  大阪高等裁判所第11民事部 裁判長裁判官 林  圭介(63歳) 依願退官

2016.04.07(11:42) 19

当ブログで取り上げていた二審判決を下した、大阪高等裁判所部総括判事、
林 圭介氏は昨年に依願退官していました。

依願退官日 平成27年12月31日
(日本法規出版株式会社 に記載)

平成26年12月18日に判決を言い渡されましたが、裁判官の自由心証主義と、
偏った原告敗訴の判決が先にありきから文章が組み立てられていると考察でき、
客観的証拠を完全に無視して判決を書いた結果、
論理的矛盾、整合性もなくひたすら原告敗訴に判決がかたむいています。

私は上告受理申立理由書(平成27年3月3日提出)から決定通知書がくる期間内(約6ヶ月)に
不公正な裁判の判決を世間一般に告発するための行動をとりました。

虚偽、偽装鑑定書、悪意ある事実誤認定の立証原判決を全国の裁判所に周知にすることで、
審理の道が開けるのではないかと、一縷の望みをかけて
「経験則違反と事実認定の矛盾の証拠書類を」レタ-パックにいれ、
北は北海道、南は沖縄までの最高栽判所、高等裁判所10箇所、地方裁判所50箇所、
最高裁判所判事15名、最高栽事務総長 戸倉三郎氏におくりました。

AAA_4358.jpg
送ったレタ-パック

判決反論証拠内容
レタ-パックに同封した証拠写真と書類

全ての裁判所からの返信は、判で押したような同じ文面
書面を拝見いたしましたが、当庁としては回答いたしかねます。」との回答だけでした。

IMG_20160209_0001.jpg
最高裁からの返信封筒

各地の裁判所からの返信
各地の裁判所からの返信封筒

審理の道は開けませんでしたが、異なる結果がでました
林 圭介判事の依願退官
真の退官原因は解りませんが、
公務員の責任回避は、事実を覆い隠せなくなると、
組織に累を及ぼす者として居場所を変えて押し隠す、
或は切り捨てるのではないかと関りあった経験が頭をよぎります。


一審での当初は裁判官の単独でしたが、
新年度になり、3人の裁判官の合議審に変わりました。
裁判所選任鑑定人の藤本氏を選出したのはこの時点です。
選任藤本鑑定人は、虚偽、偽装鑑定書を作成していますが、
其れを以て一審では判決を下しています。

神戸地方裁判所姫路支部
裁判長裁判官  川端 公美
裁判官     林 由希子
裁判官     柴田 大

一審判決文
一審判決

一審判決文-2
主文

書記官、谷口一郎氏から鑑定書作成費用の高額な請求書を受け取りましたが。
藤本氏に依頼することは既に虚偽、偽装鑑定書の作成を
暗黙のうちに合意していたと考察できます。

鑑定見積
鑑定作成費用見積請求書


藤見積書
見積請求書一部拡大


弁護士与納金領収書
鑑定費用与納金領収書

私は鑑定書の虚偽、偽装を立証して、二審で証拠書類として提出しました。
二審では全てを無視して原告敗訴の判決文を構築していますが、
鑑定内容を除く判決文で全面敗訴にしなければ、
鑑定人との暗黙の事象が露見する事になります。
二審判決は一審判決の同線上にあり、単に二審裁判官だけの問題ではなく、
行政訴訟は構造的な問題だと考察できます。

論理的整合性の無い判決文を書いて原告を貶めている裁判官を排除しても、
新たな人物が同じ土壌の上で、この先も恣意的な、経験則、論理則に反する認定を
繰り返すのは必然的です。
しかし、原告敗訴ありきの判決文を構築する高裁裁判官が一人でもいなくなることは
国民にとって喜ばしい事ですが、これで幕引きは許されることではありません

裁判所は慎重、公平な判断をしてくれると信じて、裁判に全身全霊で取りくみ、
事実を積み重ねて被告の虚偽を立証したにも拘らず、全てが茶番劇と気付いた後は、
挫折感と不信感で裁判への絶望感はぬぐえません。
不公正な裁判と告発しても再審する事もなく
何ら制約も受けずに依願退官する文字を見ると腹立たしい限りです。

以前には発信する媒体がなく、闇から闇に葬られていた判決も、
現在では裁判被害者がインタ-ネットを利用して不公正な裁判を数多く情報発信しています。
経験則違反の非常識な裁判官の事象を公にすることで、
組織を守る公務員の心情に触れ淘汰される可能性もあると推測できます。

情報の提供と情報の共有化により、行政訴訟における闇の部分が浮かび上がり、
司法の真の姿が見えることで、司法への批判が沸きあがり、
事実の歪曲、経験則違反を回避する抑止力になると確信しています。

林圭介判事の経歴&その後
• 1980.4.8~1983.3.31 大分地裁判事補→1983.4.1~4.7 京都家裁判事補→1983.4.8~1985.3.31 同&京都簡裁判事→1985.4.1~1986.3.31 京都地裁判事補&京都簡裁判事→1986.4.1~1988.3.31 那覇地・家裁判事補&那覇簡裁判事→1988.4.1~1990.4.7 大阪地裁判事補&大阪簡裁判事→1990.4.8~1991.3.31 大阪地裁判事→1991.4.1~1993.3.31 釧路地・家裁北見支部判事&同網走支部判事&北見簡裁判事&網走簡裁判事→1993.4.1~1996.3.31 東京地裁判事&東京簡裁判事→1996.4.1~1999.3.31 検事→1999.4.1~2011.1.3 大阪地裁部総括判事→2011.1.4~8.30 大阪地・家裁堺支部長&堺簡裁判事→2011.8.31~2013.3.4 釧路地・家裁所長→2013.3.5~ 大阪高裁部総括判事→2015.12.31 依願退官
弁護士登録はしていない,公証人や法科大学院教授になった形跡も無し,叙勲された形跡も無し
    (著名人の病気や体調不良・訃報報告wikiより転記)


姫路市河川課職員のその後
(名前は仮名にしています)
浮畑主幹、林課長代理、岸田係長
工事が終わった翌年
河川課から三人共一緒に他課に異動していました。
浮畑氏は部長に昇格、林課長代理は1年後に課長に昇格しておりました。
岸田係長は現状のままです。

案内板
市役所内の案内板

配置図
3人同室で、室長席、課長席、室長の側席にて

新年度になり浮畑部長は定年。林課長は、浮畑部長の後任として部長に、
岸田係長は本庁から離れた姫路市○○事務所に係長のままで転勤しています。

P1000260.jpg
岸田係長の新たな勤務地

P1000259.jpg
のどかな農村風景に囲まれた勤務地

私は最高裁の決定が出るまでの間に、3人に説明責任を求めに行きましたが、
顔を見るなり開口一番「何しに来た」と言ってきたのが林課長でした。
その後、林課長に家屋調査報告書を持参して説明を求めたところ、
忘れた」の繰り返し、後は無視を続けています。
説明責任もしないで高飛車な態度で拒む、この様な人物がいま室長席に座っています。

岸田係長を訪ねて面会をすると、以前とは異なる雰囲気で自席に座っていました。
雑談の中で、浮畑部長の後には、林課長が後任に、林課長の後任は岸田係長では・・との質問に、
浮畑、林 2人は●高出身ですから」と投げやりに答えてくれました。

前任者は変わってしまえば関係無い、後任者は前の事は解らないと
責任を回避している関った公務員達の口癖でした。
責任を追及する為には当事者の異動先を常に把握する必要があり、
新年度に変わると関係者の居所を常に確認しています。

訴訟の発端は、行政の押し進める河川工事の不正な手口と同一線上にあります。
現場では何が起こっているのか、手持ち資料と事象をもって、
河川工事に関わっている姫路市職員の所業を公に告発していきます。

私が河川課と関りあってからの期間に市役所を退職した局長級、課長、
其々の行き先を探し当てると姫路市外部団体に天下りしている多さに驚かされました。
1週間に数日の出勤で副理事の肩書の局長もいました。
数年在籍で再度退職金が支払われるのでしょう
。」と以前に当ブログで紹介しましたが、
今回は部長の退職後の再就職先を尋ねても職員の口は固く聞けませんでした。
人事課では退職後の就職先は解りませんとの回答に終わりました。

司法、行政の所業、手口等の実態を一人でも多くの人に知っていただくために、
手元資料を公表することで、新たな被害者をださない、
事前に対処、被害発生の抑止効果があると信じてやみません。

今回の教訓
上司を見ながら国民を陥れる判決も、
一歩踏み誤れば滑り落ちる危険が潜んでいます
悪因悪果

次回は訴訟代理弁護士について・・ 




不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達


未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2016年04月
  1. 行政訴訟は原告敗訴が限りなく100パ-セントに近い。    石井弁護士は原告訴訟代理人として主張、立証活動、しかし結果は全面敗訴でした。(04/27)
  2. 大阪高等裁判所裁判長裁判官 林 圭介氏は、依願退官後に学習院大学法学部、法学科の教授に平成28年4月に就任されています。(04/19)
  3. 論理的整合性の無い判決文を構築した裁判官.  大阪高等裁判所第11民事部 裁判長裁判官 林  圭介(63歳) 依願退官(04/07)